俗な探偵

探偵といえば、ミステリー小説やサスペンスドラマでは殺人事件をバシッと解決するのがお決まり。
ですが、現実に「探偵」といった場合は、あまりそういうお仕事の人を指すわけではないことはご存じのとおりです。

現実で探偵がしているお仕事といえば、一番すぐに思いつくのは浮気調査。
他の人のプライバシーを覗きこむ行為なので、誰でもやっていいというわけでもなく、きちんとした警察署を通じて公安委員会へ届出を出すことが決まりになっています。
浮気調査などの秘密を探る行為をする業者は、日本では「私立探偵」「興信所」「調査会社」などの名前で呼ばれています。

浮気調査の他にも、企業スパイであるかどうかを探るといった大掛かりなものから、同窓会を開くから今の住所が知りたいというものまで、様々な調査を行なっています。
とはいえ、やはり依頼件数は浮気調査がダントツで多いのだそう。
現在では、離婚に関する裁判では浮気をしたかどうかというのは非常に大きな問題として取り扱われているので、やはり相手の浮気を確かめるというのは、大事な争点になっているようです。

そんな浮気調査、実際には探偵はどんな風に行なっているのかご存じでしょうか?
ここでは、どんなことが行われるのかを解説し、よりより探偵選びの手助けをします。